静電気の原理と予防について

寒い季節になると、車のドアや玄関ドアなどで静電気が発生し、痛い思いをすることがあります。
この静電気はなぜ起こるのでしょうか。
実は、この静電気が発生する原理は、これだけ科学が進歩している現代においても、いまだ解明されていないそうです。
しかし、一般的に言われている通説のようなものはありますので、紹介しておきましょう。
そもそも、電気は電子がプラスからマイナスへ向かって流れているものを指します。
通常は陽子と中性子の周囲を回っているマイナスを帯びた電子が、その軌道を外れるときに電気が発生します。
これが静電気の原理であり、この現象は物質同士の摩擦や衝突によって起こります。
下敷きを頭にこすりつけると静電気が起こるのは、この現象が起こっているからです。
ウールやナイロン、アクリルやポリエステルといった衣類によく使用されている素材は摩擦が起こりやすく、電気を蓄えやすいという性質があります。
それがドアノブなどの金属に近づくとドアノブの電子が一気に体の方へと流れ、パチッという静電気として感じられます。
これを防ぐためには、洋服や座席シートなどによる摩擦を減らすことが大切です。
素材の組み合わせによって静電気が起こりやすくなることもありますので、上着と下着、シートの素材と上着の素材などに注意すると、静電気を予防することができます。
さらに、自動車から降りる際には、シートと上着の摩擦が起きているため静電気が起こりやすくなっています。
地面へ足をつける前にボディなどの金属部に触れると、静電気が起こりにくくなります。
生活の知恵として覚えておくと役立つでしょう。

ピックアップ情報

Copyright (C)2017のんびり楽しく快適に暮らすための知恵.All rights reserved.